読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンフランシスコで。

サンフランシスコという町で、働いて、食べて、散歩して、漫画読んで。

サンフランシスコで海外送金。

使う

海外送金は案外悩みのタネ。

方法も色々。手数料や制限なども色々。今まで試したもので思いつくのは

1)銀行。手数料高いが、固定額なので大金を送る場合はあり。安全。換金レートは悪し。ゆうちょに送金する場合はなんか普通と違うコードが必要(忘れた)だったか何かで、一度送金失敗して手数料銀行に取られたので極力使わない。

2)PayPal。手数料比較的安いけど、%で取られる(5%くらいだっけ?)ので案外バカにならない。しかも円ドルのレートも良くなかった。

3)日本でドル建て口座。結局口座の管理(日本にほぼいないし)とか、そのあとのドルからの換金手数料やレートの悪さでやめる。

送金の額や頻度などにより、色々と使い分けていましたが、はっきり言ってめんどくさい。

 

で、今はもっぱらこのサービスを使っています。


僕の場合はUSドルを日本に毎月いくらか送金する、というのが普段の使い方。

この場合に必要なのは

1)アメリカの銀行口座とIDインフォメーション

2)送金する相手方の銀行口座情報(僕の場合は自分の日本の口座)

以上。

 

上記の方法に比べ、手数料は安い(1%くらい)、換金レートがその時のレート、簡単、4、5日で送金完了。というメリットがあります。

デメリットとしては、%で手数料を取られるので送金額が多いとちょっと考えます。5000ドル以上の送金なら銀行と比べて使いましょう。

 

f:id:sf_blog:20170213092738p:plain

送金額を決めます。

この時点で手数料と換金レートが保証されます(これがステキ)。

受け取る額もその場で確認。

 

 

f:id:sf_blog:20170213092903p:plain

誰に送るのかを決めます。

最初に登録してしまえば、次からはクリックひとつでオッケー

f:id:sf_blog:20170213093137j:plain

 

あとは数日後に確認メールが届いたら送金完了。

もちろん、ドルや円以外の通貨にも対応しています(手数料や送金にかかる時間などに違いがあるようですが)。

 

 

送金の手段として持っておいても良いかト。

トランスファーワイズを使っての送金はこちらから。