読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンフランシスコで。

サンフランシスコという町で、働いて、食べて、散歩して、漫画読んで。

サンフランシスコでアルカトラズナイトツアー。

見る

Roomba のバッテリー交換したまま完全に怠けモードに入ってしまいブログも書かない始末。そのうちアレクサやSiriに書いてもらうようになるのだろうか。

 

 

さて、サンフランシスコの観光名所のアルカトラズですが、フェリーで島まで行って監獄内を歩き回れるツアーがあります。なかでもヘッドフォンをつけてのオーディオツアーは非常によくできていまして、声優さんの声や周りの音など、臨場感たっぷりで館内を歩き回れます。英語版と日本語版がありますが、英語版の方は本物の看守や囚人の声を使っているとか。日本語の声優さんもなかなか迫真の演技です。

 

気をつけていただきたいのはチケット。

一つは人気があるツアーなので旅行で行く方はお早めに。

もう一つは、色々なウェブサイトでチケットが買えますが、全部同じ一つのツアーなので、公式のサイトから買いましょう。中には手数料と称してふっかけているところもあります。

 

ツアーは通常のものと夜のツアーがあります。

夜の方がやや値段が高いのですが、いくつか昼間と違うところがあります。

1) 島の周りをぐるっと一周。昼間はフェリー乗り場から島まで直行ですが、夜の出発は島の周りを回遊してくれます。

2) 夜のみのプログラムやイベント、ストーリーテリングがある。全部参加するのは難しいですが、時間を合わせていくつか参加してみるといいかと(英語のみ)

3) 雰囲気。やはり夜の方が雰囲気出ますね。ただし、寒いです!

 

f:id:sf_blog:20170109090529j:plain

オーディオツアーは囚人のシャワー室を通ってスタート。

f:id:sf_blog:20170109090534j:plain

実際の部屋を見ながらストーリーが進んでいきます。

f:id:sf_blog:20170109090539j:plain

f:id:sf_blog:20170109090546j:plain

館内のメイン通り。3階建てになっています。

f:id:sf_blog:20170109090552j:plain

部屋にはベッドとトイレと洗面所、小さな机。

f:id:sf_blog:20170109090558j:plain

食事をする広場も見学できます。

f:id:sf_blog:20170109090606j:plain

f:id:sf_blog:20170109090610j:plain

対岸にはサンフランシスコの町の明かり。

f:id:sf_blog:20170109090621j:plain

 

 

オーディオツアーそのものは40分くらいでしょうか。全体のツアーはフェリーに乗るところから帰ってくるまで3時間くらいはかかります。当然ですが島からはフェリーでしか帰れませんので帰りのフェリーの時間に合わせて作戦を立てるといいと思います。