読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンフランシスコで。

サンフランシスコという町で、働いて、食べて、散歩して、漫画読んで。

サンフランシスコでステーキ。@ Ruth's Chris Steak House

食べる

まんまる妻です。

 

ずーっと行きたいとダンナさんに言い続け、両親の来訪という特別イベントのおかげでやっっと連れて行ってもらえたステーキ屋さん Ruth's Chris Steak House 。

www.ruthschris.com

お昼ご飯抜きで気合いを入れて行ってきました(どれだけだ。笑)

 

金曜日の夜だからか、19時の店内はすでに満席。

上質な中に活気がある、とてもいい雰囲気です。

 

まずは前菜に Steak House Salad と

f:id:sf_blog:20161225210727j:plain

Shrimp Cacktail

f:id:sf_blog:20161225210728j:plain

海老おっきい!

シュリンプカクテルって小海老がグラスに入ってくるのかと思ってました^^;

しかしサラダもシュリンプカクテルも美味〜♪

 

サイドには芽キャベツのソテーとアスパラガスのグリルをチョイスして

いよいよメインの登場です!

ダンナさんは Ribeye (16oz=約450g)

f:id:sf_blog:20161225210731j:plain

父は T-Bone (24oz=680g)

f:id:sf_blog:20161225210730j:plain

すごいボリューム!!

Tボーンステーキは骨の重さもあるとはいえ680gって!

食べきれるのか父?!

私と母は Petite Filet & Shrimp

f:id:sf_blog:20161225210729j:plain

プチといっても4oz、約113gのステーキに大きい海老が3匹も乗ってるのが

2つも!母と思わず顔を見合わせました。。。

 

しかし食べてみると。。。お肉が美味しいーー!!

しっかりとした赤身のお肉でありながら柔らかくて、まさにお肉を食べてる!と

いう感じ。今まで食べたステーキで一番美味しかったです。

が、さすがに量が多く、母と私は1つずつしか食べられず、残りはお持ち帰りに。

一方、父とダンナさんはペロリと完食。

 

お腹ぱんぱんでしたが、デザートもしっかりオーダー。

チーズケーキと

f:id:sf_blog:20161225210732j:plain

ラズベリーシャーベット

f:id:sf_blog:20161225210733j:plain

こちらのデザートたちもボリュームがすごいです。

チーズケーキなんか2-3人用のホールケーキの様相。

シャーベットもテニスボール程の大きさのスクープが3つ。

 

全員でお腹をさすりながら完食。大満足。

美味しゅうございました^^

 

こちらはお肉の美味しさはもちろん、シーフードメニューも充実しているので

お肉以外も楽しめます。そして特筆すべきはサービスレベルの高さ!

アメリカで受けたサービスで文句なしの1番。日本にも引けを取りません。

どのスタッフの方もプロフェッショナル、タイミングよく感じよく、一流でした。

お値段も素敵ですが(我が家では1年に1回レベル笑)、充分価値のあるお店です。

皆さんもぜひ!