読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンフランシスコで。

サンフランシスコという町で、働いて、食べて、散歩して、漫画読んで。

サンフランシスコで大統領選挙(結果編)。

3時間ほどかけて裏表5ページのマークシートで投票を終わらせて8日の朝からいざ投票場へ。

 

天気いいですよ。

f:id:sf_blog:20161110113844j:plain

 

一番近い投票場は、地図によるとうちから歩いて10分。

 

ここ・・・?。

え、誰んち?

f:id:sf_blog:20161109182618j:plain

 

あってるよね?

f:id:sf_blog:20161109182619j:plain

 

 

あってた。

新鮮だな、知らない人の家のガレージで投票・・・。

アメリカ人になって数ヶ月、まだまだ知らないことが多いなー。

f:id:sf_blog:20161109182621j:plain

 

 

こんな感じの平和な1日だったわけじゃないですか。

会社が休みになったのをいいことに、外でゆっくりご飯したり、晩御飯の買い物したり、夕方4時から特番が始まるのでそれまでちょっと仕事したり、してたわけじゃないですか。

 

「まあ、8時くらいに大統領決まって、お疲れーってかんぱいして、風呂入って寝ますか」

 

くらいの感じだったわけじゃないですか。

 

 

 

いや、びっくりした。ある程度競るかとは思っていたけど、正直なんだかんだヒラリーになるかと思ってた。

 

(以下独断と偏見)

っていうか、どんだけ女性に大統領やってほしくないのよ、アメリカ。色々な要素がありますよ、でも票の流れ方を見ると「女性であること」がかなりマイナスに動いたっぽい。やはりカリフォルニアにいると感じない、80%ほどの「ほとんどのアメリカ」に何かがある。女性が上司になったことがない人や女性の政治家がいない州の人、彼らにとってみたら「女性が大統領になることの不安」の方が「トランプ大統領」より大きかったのだろうか。経験したことない、知らないことに対して人は不安になるもの。女性の地位が高いイメージがあるアメリカだけど、これも一部のアメリカでしかないのかもしれない、と思わせる選挙でした。

 

カリフォルニア。マリファナを得て、トランプがついてきた。

 

うむ。

 

 

 

追加:

会社前では反トランプデモ。

f:id:sf_blog:20161110131638j:plain

 

f:id:sf_blog:20161110131802j:plain