読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンフランシスコで。

サンフランシスコという町で、働いて、食べて、散歩して、漫画読んで。

サンフランシスコでマクロビ〜秋。

ダンナさんが日本からのゲストをおもてなししてくれている間に

マクロビお料理教室に行ってきました😊

私の通っている入門コースは季節毎の1年間全5回、冬から始まり今回の秋で

最後です。

 

収穫の秋はエネルギーがぎゅっと内側に集まってくる季節です。

この時期はからだにエネルギーを溜め込むと同時に、不要なものを捨てて冬に向かう準備をします。秋の色は「白」、味は少し苦みのあるものを摂ると良いそうです。

また、体を冷やさないように生野菜やフルーツは控え、排出を促すような食材を使います。

 

秋のメニュー、デザートを含めて7品。

f:id:sf_blog:20161031152143j:plain

パースニップ(白にんじん)のポタージュ。

こっくりとして体が温まります。

f:id:sf_blog:20161031152142j:plain

白キクラゲと玉ねぎの胡麻和え。

こりこりとした食感が美味。

f:id:sf_blog:20161031152141j:plain

奥:わかめとカブとラディッシュのもみもみサラダ

手前左:いろいろ野菜の豆腐ソースグラタン

手前右:焼きなます

f:id:sf_blog:20161031152144j:plain

蓮の実の炊き込みごはん

f:id:sf_blog:20161031152145j:plain

デザートは洋梨のコンポート

 

うーん、美味しいです♪

そして体の中からきれいになる感じが素晴らしい。笑

 

お豆腐ソースのグラタンには私が以前にファーマーズマーケットで購入し

その苦さに悶絶したダンデライオン(タンポポの葉)も入っていたのですが

湯がいたことで苦さが和らいだのか、元々の材料がいいのか、

ゴーヤくらいの苦さになっていて、滑らかなお豆腐ソースと共に頂くと

ピリッとした苦さがアクセントになりとても美味しかったです!

 

こちらのマクロビ教室では、ちょっといいスーパー(ホールフーズなど)に行けば

容易に手に入るアメリカの食材を多く使います。毎回食べたことのない食材やどのように使うのかわからなかった食材が出て来てとても勉強になりました😊

 

来年からは単発のクラスに通うことになります。

毎回テーマが違うそうなので、そちらも楽しみです♪