読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンフランシスコで。

サンフランシスコという町で、働いて、食べて、散歩して、漫画読んで。

サンフランシスコでエアフライヤー

買う 食べる

日本ではノンフライヤーと呼ばれ、人気もあるようですね。

最近では色々なメーカーが開発していますが、今回は元祖フィリップスを購入。

 

リビューを読んだり、レシピサイトを見たりはしていて、前から興味があったのですが、どうも伝わらないんですよ。想像がうまくできないっていうか。

 

油を使わずに、熱い空気で、揚げる

 

うーん、伝わらない。

揚げ物って家でやるの大変じゃないですか。片付けも面倒だし、匂いとかも気になるし。でも食べたいじゃないですかたまには。コロッケとか。エビフライとか。とんかつとか。このエアフライヤーなら片付けも簡単、匂いも気にならない。

 

ここまでは、とっても魅力的だし、何と無く想像もつく。

 

あとは実際どんな感じの出来上がりなのかなと。

サクッと「揚がる」のかな。

 

こればかりはどんなにリビューを読んでも想像ができないのでもう買いました。

 

今晩試します。

最初に試すのは、春巻きと魚のフライ。

 

レビューはのちほど。

 

外観はこんな感じ。

f:id:sf_blog:20170219110150j:plain

 

思ったより大きい・・・。(軽く嫁さんに怒られた。「でも揚げ物できるんだよ」とプレゼンして難を逃れる。)

f:id:sf_blog:20170219110207j:plain

 

バスケット部は取り外しできるのでそのままガシガシ洗えます。

f:id:sf_blog:20170219110217j:plain

 

興味がある方はどうぞ。

 

 

 

 

ちなみにフィリップス公認のリファービッシュなら100ドルしないで買えますよ。

 

 

 

サンフランシスコで確定申告(1)。

生きる

あーこの時期が来ましたね。

去年は嫁さんのソーシャルセキュリティ番号が来ないから、なかなかできなかったなー。ソーシャルセキュリティがないと税金の申告できない、って言ってんのに税金申告した証拠を出さないとソーシャルセキュリティあげない、とか言われて悶々としてたなー。

 

 

 

今年もきたか。

いやいややっていたら途中で税金追加で払わないといけないという計算が出たのでコンピュータ閉じた。

 

 

またやらないといけないからタイトルに(1)をつけてみた。

 

あーやりたくない

 

 

サンフランシスコでカップ麺。

食べる

日本でそんなに食べていたわけではないのに。

アメリカでニュースを読んだりすると食べたくなる。

 

その度に日本からの出張者や友人に買ってきてもらうわけですが。

 

ありますよ、アメリカにも。

でも種類が限られています。

一平ちゃんはあるけどペヤングはない、みたいな。

 

 

日本は東のペヤングと西のUFOに、新興勢力一平ちゃんが絡んだ三つ巴。

かと思えば、北海道のみどの勢力も焼きそば弁当の牙城を崩せない。

 

そんな話を聞けば、焼きそば弁当が食べてみたくなるわけで。

 

何が言いたいかというとうちには常にちょっと変わったカップ麺があるのです。

 

最近は変り種カップ麺が何かと話題です。チョコレート焼きそばとかは、さすがに行き過ぎかと思いますが。

 

この前こんなの食べてみました。

 

ペヤングわかめMAX

f:id:sf_blog:20170214144839j:plain

「これ食べたい」と写真を見せるため、友人にアマゾンのリンクを送ったら、まさかの勘違いで箱買いしてきてくれるという一品。

わかめ率高し。

ソースが、醤油ソース。しょっぱい。わかめにソースが合わない、という発想はわからんでもないが、醤油もどうかと思うぞ。

総合的に決してうまくないという結論。

2個目は、ソースを捨てて、ごま油とにんにくをベースに自分でソース作った。その方がうまい。人にあげたりしているがまだ12個くらいある。欲しい人いたらおすそ分けします。

 

 

どん兵衛明太子クリーム

f:id:sf_blog:20170214145335j:plain

 

f:id:sf_blog:20170214145346j:plain

 

うどんに明太子クリームソース。

なんていうか、何食ってんだっけ俺、ってなる一品。

うどんっぽさがない平たいうどんとクリームっぽくないクリームベースのスープにかろうじて認識できる明太子。洋風なんだっけ和風なんだっけ。パスタだっけ、あ、うどんか。総合的に決してうまくないという結論。

 

 

まだ妙なカップ麺があるのでまた今度レビューします。

 

 

サンフランシスコで海外送金。

使う

海外送金は案外悩みのタネ。

方法も色々。手数料や制限なども色々。今まで試したもので思いつくのは

1)銀行。手数料高いが、固定額なので大金を送る場合はあり。安全。換金レートは悪し。ゆうちょに送金する場合はなんか普通と違うコードが必要(忘れた)だったか何かで、一度送金失敗して手数料銀行に取られたので極力使わない。

2)PayPal。手数料比較的安いけど、%で取られる(5%くらいだっけ?)ので案外バカにならない。しかも円ドルのレートも良くなかった。

3)日本でドル建て口座。結局口座の管理(日本にほぼいないし)とか、そのあとのドルからの換金手数料やレートの悪さでやめる。

送金の額や頻度などにより、色々と使い分けていましたが、はっきり言ってめんどくさい。

 

で、今はもっぱらこのサービスを使っています。


僕の場合はUSドルを日本に毎月いくらか送金する、というのが普段の使い方。

この場合に必要なのは

1)アメリカの銀行口座とIDインフォメーション

2)送金する相手方の銀行口座情報(僕の場合は自分の日本の口座)

以上。

 

上記の方法に比べ、手数料は安い(1%くらい)、換金レートがその時のレート、簡単、4、5日で送金完了。というメリットがあります。

デメリットとしては、%で手数料を取られるので送金額が多いとちょっと考えます。5000ドル以上の送金なら銀行と比べて使いましょう。

 

f:id:sf_blog:20170213092738p:plain

送金額を決めます。

この時点で手数料と換金レートが保証されます(これがステキ)。

受け取る額もその場で確認。

 

 

f:id:sf_blog:20170213092903p:plain

誰に送るのかを決めます。

最初に登録してしまえば、次からはクリックひとつでオッケー

f:id:sf_blog:20170213093137j:plain

 

あとは数日後に確認メールが届いたら送金完了。

もちろん、ドルや円以外の通貨にも対応しています(手数料や送金にかかる時間などに違いがあるようですが)。

 

 

送金の手段として持っておいても良いかト。

トランスファーワイズを使っての送金はこちらから。

サンフランシスコでアリゾナ出稼ぎ。

働く

アリゾナ州ピオリア。

あまり聞いたことない小さな町。

 

アリゾナ州最大の都市フェニックスから車で1時間弱。

そんな片田舎に超巨大な野球専用施設があります。

メジャーリーグのサンディエゴ・パドレスとシアトル・マリナーズがトレーニングキャンプやマイナーリーグの試合や練習に使う施設。

 

その巨大施設内にある選手用キッチン。

そこが今回、会社を半分休んで出稼ぎにやってきたとこ。

 

元料理人現ITサラリーマン。日本から海外キャンプにやってきたプロ野球チームの選手とスタッフ約100人の朝ごはんと晩御飯を、以前一緒に働いていた料理人先輩と作ってきました。

 

朝4時半起きで朝ごはんの準備。終わったら片付けてホテルに戻り、会社の人間と打ち合わせなど。ちょっと昼寝して、午後3時には晩御飯の準備。片付けてホテルに戻ったら気絶するように寝る。

 

そんな10日間でした。今日でキャンプ終了。僕は前半戦だけ参加して別の人にタッチして帰って来ました。さすがに2週間半休むのはきつい。まあ、「アリゾナに飯作りに行って来ます」と言って許してくれる会社には感謝です。

 

f:id:sf_blog:20170212134614j:plain

f:id:sf_blog:20170212134636j:plain

キッチンは広くて使いやすい。ただ、普段日本食なんて全然やらないようで、必要なキッチン用具がなかなか足りなくて困った。

f:id:sf_blog:20170212134649j:plain

Tシャツやらパーカーやらいただきました。ありがとう。

 

f:id:sf_blog:20170212134707j:plain

いい魚日本から来ました。いい魚は捌くのも楽しい。(久しぶり)

f:id:sf_blog:20170212134721j:plain

記者さんに紛れて練習見てみたり。

 

f:id:sf_blog:20170212134734j:plain

記者さんより前に出てみたり。

 

 

サンフランシスコでストーム。

生きる 働く

ストームキテますね。

大雨と暴風。注意報も出ています。

 

日本だったら暴風雨くらいでは電車にそんなに影響出ないかと思いますが、アメリカは違います。ちょっと大雨が降ると、道路水没、事故多発、公共交通機関麻痺、会社に来れない(来ない、行きたくない)など、様々な影響が出ます。

 

知ってるんです、そうなることは。でも、今日は不運が重なった。

比べてみましょう、普段の帰宅と暴風雨の帰宅。

 

 

普段の帰宅コース

1) 会社から歩いてBARTの駅へ(徒歩5分)

2) BARTで3つ先の駅へ(実質10分)

3) BARTの駅から家(徒歩7分)

合計25分

 

今日の帰宅コース(暴風雨注意報編)

1) 会社から歩いてBARTの駅へ(雨と風でビショビショだがまあ5、6分)

f:id:sf_blog:20170111155206p:plain

2) BARTで電車を待つ(あれ、なかなか来ないぞ 10分)

3) BART が major delay とのアナウンス(まじか)

4) BARTから市内電車の MUNI に乗り換える(しょうがない)

5) MUNI も遅れているとのアナウンス(でも来るみたい15分)

6) MUNIにやっと乗って駅一つ(会社の目の前に戻る)のところで止まる

f:id:sf_blog:20170111155237p:plain

7) そのまま10分閉じ込められる

8) アナウンスが入り、一個前の車両が動かないからいけない、おりたい人は降りてどうぞ、とドアが開く(しばらく待つ10分)

9) またアナウンスが入り動かないからここで止まるわ、全員降りてバスにでも乗ってどうぞ

10) 大雨の中また地上(また会社の目の前)に出てきてバスに乗る

11) まさかの反対方向のバスだったことに気づく

f:id:sf_blog:20170111155312p:plain

12) 道を渡ってバスを待つが自分の家の方に行くバスが20分以上こないらしいので別のバスに乗る

13) 会社の目の前に着く

f:id:sf_blog:20170111155338p:plain

14) そろそろ動いてるかなと MUNI の駅に降りる

15) 動いてないのでまた出てきてバスを待つ

16) ウーバーとリフトを呼ぼうかと思うが運賃100%アップという困っている人の足元を見る暴利に腹立たしくなり、誰が乗るかと意を決してまた BART の駅へ歩く

f:id:sf_blog:20170111155206p:plain

17) BART の駅に降りると電車は来るようだが自分が使う駅の手前までしか行かないというアナウンスが入る

18) BART で行けるとこまで行き改札を出ると臨時バスの前に長蛇の列

f:id:sf_blog:20170111155404p:plain

19) 歩いて帰るかと思いながらウーバーアプリを開くと通常料金に戻っている

20) ウーバーで帰宅

合計2時間

 

 

おそるべしアメリカの雨。

サンフランシスコでスタバアプリ(4)

買う

スタバ全然行かないのに、こういうキャンペーンがあるとついチャージしてしまう。

喜ぶのは奥さんとスタバのみ。

 

今回はゴールドメンバーの方限定のキャンペーンですがお得なので是非。

 

slickdeals.net

 

「Chase Pay」を使って、$10 以上をチャージすると250スターがもらえます。

125スターで1ドリンク無料なので、2ドリンクが無料でついてくると。

 

$20 チャージしても250スターしかもらえないのでとりあえず$10 チャージしましょう。チャージしてからスターが届くまで24時間ほどかかりますのでご注意。

 

f:id:sf_blog:20170110142531p:plain